ブログ・更新情報・お知らせ

WISTARIA PIANO


ウイスタリア音楽院YouTubeチャンネル

ウイスタリアピアノFacebookページ
ブログ・更新情報・お知らせ
社団法人 日本ピアノ調律師協会会員店
ピアノ公正取引協議会会員店

2020/12/06 水害のピアノ(ヤマハW106B)を修理しました。


水害にあってしまったヤマハW106B


譜面台、鍵盤付近の様子


外装新品塗装後

工場にて水害により完全に水没してしまったアップライトピアノの修理を行っています。
ピアノに水がかかるのはいけないと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ピアノは木材、皮、金属、フェルトなどから造られておりますので水濡れはもちろん厳禁です。こちらのピアノは全ての部品が被害にあってしまったため、新しい部品を用意してピアノ全体の修理になります。



鍵盤の下の棚板付近の様子

鍵盤を外したところ、しっかりと泥が入り込んでいました。掃除した後に、金属部品は磨いて、クッションになるクロス類は全て交換になります。鍵盤も割れてしまっているところは接着し、全体をクリーニングします。



磨かれた金属ピンと新品に交換されたフロントブッシングクロス


金属フレーム、響板は再塗装を行いました。弦や弦が巻き付いているチューニングピンは新品に替えて張弦をします。


張弦前


新しく張弦後です


アクションは水没して木部が割れてしまったり、フェルト類は傷んでしまいましたので、全て新品部品に交換します。



交換前のアクション


新品部品に交換後のアクション


底板まわりにも泥がしっかり入り込んでいましたのでクリーニングをします。金属部分はしっかり磨きます。



クリーニング前の底板


クリーニング後の底板


外装は写真のような傷や突板のはがれがありましたので、全塗装を行い新品になりました。



外装の突板はがれ


全塗装後


この後、調律を何回も音が落ち着くまで行い、タッチ・音色の調整も何度も見直して出荷致します。ずっと使っていらした思い出のあるピアノをよみがえらすことはお客様にとっても、技術者にとっても幸せなことです。



最後まで入念に調律・調整を行いしっかりと仕上げます!

今回のような水害にあってしまったピアノの他にも、外国製のピアノ、昔の古いピアノなど修理が難しいのではないかと思われるピアノでも修理を致しますので、是非お見積をご依頼下さいませ!!
ピアノを工場へ入れて診断させて頂く方法以外にも、ピアノが置いている現場へ出張してピアノを見させて頂くことも致します。まずはご相談下さい。
修理のお見積りのご依頼はこちらより

ブログ・更新情報・お知らせ一覧へ戻る

会社情報

ウイスタリアピアノ
〒242-0029
神奈川県大和市上草柳5-8-4
営業時間:10:00~18:00
定休日:火・水曜日

↑ PAGE TOP